HMBと運動しない日

最近は、HMBサプリを活用するのが、当たり前になってきました。

HMBは、筋トレしない日でも飲むほうが良いのでしょうか。

飲むとすれば、なぜ飲む必要があるのでしょうか。
その理由が知りたいですね。

また基本的なHMBサプリメントの飲み方もおさらいしておきましょう。

「HMBサプリメントは、運動しない日も飲むべきなの?」
と問われれば、答えはイエスです。

HMBは、運動しない日にも飲むべき理由は、筋肉の分解を防ぐのに役立ってくれるからです。
筋肉のメンテナンスができない日にこそ、HMBサプリメントは飲むべきなんですね。

筋肉はトレーニング後、およそ2日から3日かけて修復され、筋肥大を起こします。
このタイミングで筋トレするのが最も効果的なんですね。

運動しない日が続くと、筋肉量は低下し、いつか運動する前の状態に戻ります。

ですから、運動しない日でもHMBサプリメントを飲むことで筋肉の分解を防ぐ効果があるため、筋トレの効果をサポートすることができるんですよ。

「筋肉の分解が起きるとどうなるの?」といえば、筋肉がもとの状態に戻ってしまい、いつしか脂肪に変わってしまうんですよ。

それを防ぐためにもトレーニングしない日にも筋肉の緊張状態を維持するためにHMNサプリメントを飲んでおいたほうが良いということですね。

では、基本的なHMBサプリメントの飲み方をおさらいしておきましょう。

HMBの1日の推奨量は3gとなっています。
基本的に1日3gを守りましょう。

摂取量は、多くても少なすぎてもいけません。

多すぎると筋肉量が、減少する可能性があるからです。
摂取量には、注意が必要ですね。

また、HMBサプリメントを飲むタイミングです。
医薬品のように薬ではありませんから、厳格にいつ飲む、とは決まっていないのがHMBサプリメントです。

しかし、最も効果的なのはトレーニング前に飲むことです。

またトレーニング前以外では、食後がおすすめです。
食後は胃酸の影響を受けにくいため、吸収率の面から見るとおすすめなんですね。

HMBを飲むタイミングは食後、トレーニング後が良いと覚えておきましょう。

また、飲む回数に関しては1度に3g飲むより、小分けにして飲んだほうが効果的です。

吸収効率を考えた上で、プロテインを小分けにして飲むのと同じような理屈だと考えて良いでしょう。

おすすめなのは1日3回、1gずつHMBサプリメントを摂取することです。

基本的に1日3回食後に摂取し、トレーニングする日はトレーニング前と食後2回にわけると良いでしょう。

また、HMBサプリメントは、ジュースなどで飲むよりはやはり水や白湯などで飲んでくださいね。

クレアチンなどのサプリメントは、カフェインと同時に飲んではいけないという決まりがあります。

HMBサプリメントは、そこまで厳密に考えなくても良いとされています。
ですが、まだ研究段階のサプリメントですので、やはり効果を最も出したいのであれば、水や白湯で飲むのが安心です。

HMBとクレアチンがセットになったサプリもあります。
詳細は、【トリプルビーの口コミでは「痩せない」とも。でも、飲み方あっていましたか?】を参考にしてくださいね。