クレアチンを飲むタイミング

筋力アップ&筋肥大、持久力アップ、回復力アップなど、さまざまな嬉しい作用が期待できるクレアチン。

効果的な飲むタイミング、そして、プロテインとの関係について調べましたのでご覧ください。

まず最初に、クレアチンの飲み方や飲むタイミングなどことについては諸説あります。

ローディングを行ったほうがいい、または、行わないほうがいい、などという意見です。

このローディングについては個人差もあるでしょうし、まだはっきりとどちらがどのようにいいのか、などということがわかっていませんので、ご紹介を控えます。

ここでは、通常の飲み方(ローディングをしない)の場合は、どのタイミングで飲むのが効果的なのか、ということのみをみていきますね。

さて、クレアチンの摂取にあたってですが、プロテインと併用することがおすすめです。

そして、併用した場合のベストな飲むタイミングですが、それは、糖質を含んだプロテインと一緒に運動の後に飲むことです。

基本的に、プロテインは運動してから30分~1時間後に飲むことがベストとされています。

プロテインに糖質が含まれている場合、その糖質が、身体の中でインスリンを分泌させます。

インスリンが作用することにより、細胞内に、クレアチンが取り込まれやすくなるのです。

ですので、飲むタイミングとしては、糖質を含んでいるプロテインの後、がベストなのです。

飲むタイミングとして、具体的なおすすめの時間もあります。

もし、朝に運動するのであれば、運動後、夕方なら夕方の運動後がいいでしょう。

ちなみに、トレーニング前に飲むのなら1時間前がいいと言われています。

これは、クレアチンを吸収し、パワーを発揮できるようになるまでに丁度、1時間程度要するからです。

また、トレーニング後なら30分後くらいが理想とされています。

疲労している筋肉が、栄養素を欲するタイミングだからです。

運動後に飲むタイミングで、プロテインと併用して、栄養を与えるとより発達しやすくなるのです。

なお、プロテインは就寝直前に飲むことで、成長ホルモンの分泌を促すとされています。

ですので、就寝前に併せて飲むのもいいでしょう。

クレアチンは、プロテインの効果をより発揮できる?

プロテインの主成分は「タンパク質」です。
タンパク質は、筋肉を作るのに欠かせない成分です。

トレーニングの30分後~1時間後に飲むことがベストとされています。

運動後のタイミングなら、血液の巡りがよく、栄養素の分解が促進されるからです。

プロテインを摂取する場合、求める結果は筋力アップだと思います。

クレアチンも筋力アップのために摂取する場合がほとんどでしょう。

2つを併用することで、相乗効果が生まれます。
ですので、プロテインの効果をより発揮できると言えます。

どのような相乗効果なのかと言いますと、より筋力がつきやすくなります。

また、前述しましたように、プロテインに含まれている糖質がインスリンを分泌します。

ですので、クレアチンにいい効果をもたらします。

なお、プロテインではそのようなことは言われていませんが、クレアチンは、カフェインとの同時接種により、効果が損なわれる恐れがあると言われています。

ですので、プロテインと併用する場合でも、摂取前後では、カフェインを控えましょう。

クレアチンの副作用などに付いては【クレアチンの悪い噂は本当?体にとって悪影響?】も読んでみてくださいね。

クレアチンを飲むタイミングは基本的にはいつでも大丈夫です。

プロテインと一緒に飲むなら、プロテインの後がベストなのですね。

また、就寝前にクレアチン飲むと成長ホルモンの分泌を助けるので、なお良いです。

そして、プロテインと併用することにより、一層筋力アップの効果を期待できるようになるのですね。