クレアチンの効果

あなたは、クレアチンをご存知ですか? 

筋トレにご興味のあられる方なら、一度は聞いたことがあるかもしれません。

実はクレアチンは「筋トレのお供にぴったり」と言われているものなのです。

具体的に、どういったものであり、どんな効果があるのか。
そして、どういう使い方をすればいいのかについてまとめましたのでご覧ください。

そもそもクレアチンってどのようなもの?

クレアチンは、筋肉内の組織に存在している物質であり、必須アミノ酸で構成されています。

私たち人間が身体を動かすには、ATP(アデノシン三リン酸)がエネルギーとして必要です。

中でも、激しい運動を行う場合は、クレアチンリン酸がATPを作ります。

このクレアチンリン酸が、身体の中にたくさん存在していれば、多くのATPを作り出すことができます。

そうなると、激しい運動も行いやすくなります。

ATPを作り出す元となる物質を貯め込んでおくと、運動時に有利なのです。

では「どのようにすれば貯め込んでおけるの?」かというと、貯め込むためには、クレアチンが体内に多く存在している必要があります。

つまり、クレアチンが多いと、その分ATPを作り出す元となる物質を多く貯めておくことができます。
いざ、運動をする段階になるとたくさんのATPを生成することが可能となります。

その結果「運動のパフォーマンスが向上する」というわけなのです。

クレアチンの効果とは?おすすめの使い方は?

クレアチンに、どのような効果があるのかと言いますと、

・運動時のパフォーマンスを上げる
・持久力の向上
・疲労回復の効率アップ

などがあります。

さらに、

・筋力アップ(筋肥大)

の効果もあります。

クレアチンが水分を蓄えると、筋肉が引き伸ばされます。

そして、多くのタンパク質を取り込みますので、筋力アップが見込めるのです。

クレアチンは、食事からも摂取することができます。

ですが、確実に適量摂取したいなら、サプリメントがおすすめです。

最近ではクレアチンが配合されたサプリも多く市販されています。
私が飲んでいるトリプルビーも、その一つです。

トリプルビーについては【トリプルビーの口コミでは「痩せない」とも。でも、飲み方あっていましたか?】の記事を読んでくださいね。

大半の市販サプリメントは、パウダー状となっています。

クレアチンは、溶けにくい性質を持っています。

そのため、飲み物に溶かそうとしても、中々溶けません。

ほとんどの場合、溶けずにパウダー感が残ってしまうかと思います。

ですので、溶かして飲むのではなく、少しずつ口の中に入れて、水やお湯などで流し込むようにして摂取するといいでしょう。

そして、前述した通り、水分と結びつくことで一層の筋力アップが見込めます。

ですので、摂取後は充分に水分を補給するようにしましょう。

また、糖質をプラスするために、フレッシュジュースなどとあわせて飲む、もしくは、糖質が配合されたプロテインと併用することも効果的です。

ちなみに、クレアチンは糖質を摂取したときに分泌されるインスリンによって筋肉へと運ばれる性質を持っています。

ですので、併用するなら、摂取する順番を意識することも大切です。

糖質を含んでいるプロテインを後で摂取することが好ましいのです。

糖質を先に摂取することがおすすめです。

なお、どのようなサプリメントでも同じですが、大量に飲み続けたからといっていい効果ばかりが出るものではありません。
商品毎に、定められた用量がある場合は必ず守ってくださいね。